前の月 / 次の月 / 最新

/home/pochi/ChangeLog / 2012-12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012-12-28 Fri

会社の年間MVP賞をもらった [仕事]

2位。
Most Valuable Person って1人だけだと思うんだけど、
まあ金一封をもらえたから良いか。

社内外との調整に尽力したことやチームメンバーを
牽引する姿が多くの従業員から支持されました。


どう考えてもチームメンバーの組織票なので、
チーム用にお酒を買いこんで冷蔵庫に入れた。

2012-12-24 Mon

スコアール本番 [音楽]

ルスコアール管弦楽団第33回演奏会

日 時: 2012年12月24日 (月・祝) 14:00開演
場 所: 杉並公会堂 大ホール
曲 目:
 ドビュッシー/交響詩「海」
 マーラー/交響曲「大地の歌」
ソリスト
 メゾ・ソプラノ: 池田 香織
 テノール: 経種 廉彦
指 揮: 大井 剛史


定員オーバーで会場に入れなかった人もいたらしい。
私の知人も何人か入れなかった。

その入れなかった知人が駅に向かって歩いていたら、
同じように入れなかった老夫婦が同じ方向に歩いていて、
奥さんのほうが、楽しみにしてたのに、と泣いてたらしい。
旦那さんが、仕方ないじゃないか、と言いつつ不機嫌になってたとか。
クリスマスだというのに心が痛んだ。

中継とかすれば良いのかなあ。
著作権がめんどくさいか。
もうちょっと軽く運用できれば良いのに。

2012-12-23 Sun

スコアール練習 [音楽]

本番前日。
本番って容赦なくやってくるんだよなあ。

2012-12-21 Fri

本当の枯渇セッションの相談 [JANOG]

午後から神田にて。
資源が枯渇したときにうまくやらないと滅びるよって話。
キーワードはモアイ。

参考図書は以下。

文明崩壊(上): 滅亡と存続の命運を分けるもの
文明崩壊(下): 滅亡と存続の命運を分けるもの

発表の時に出てくるであろうデータにも注目。

2012-12-20 Thu

SDNセッションの相談 [JANOG]

午前中、品川にて。
あー、楽しかった。
OpenFlow だけでは実現できないことも、レガシーなやり方を
組み合わせてうまくやってたり、新しい仕様だと、
宛先不明パケットは捨てられるとか、知らないことが沢山。

初日朝一のセッションなんだけど、絶対に面白いので、
寝坊しないほうが良いと思う。

JANOG31 Meeting
http://www.janog.gr.jp/meeting/janog31/

2012-12-18 Tue

赤坂でお客さんと忘年会 [仕事]

飲むペース速すぎ。
マッコリがどんどん出てきてどんどん空になった。
二次会も壮絶だったらしい。行かなかったけど。

2012-12-17 Mon

NHK将棋講座テキストのハッシーの自戦記がすごい [将棋]

NHK将棋講座 2013年 1月号

放送時のインタビューでは佐藤紳哉の丸パクリ↓

NHKで将棋棋士のハッシー(橋本崇載)がやらかしたwwwwwwwww
http://blog.esuteru.com/archives/6706351.html

自戦記では加藤一二三の文体や行動を丸パクリ。
大笑いしながら読んだよ。

素晴しすぎる。
大好きだ。

2012-12-16 Sun

スコアール練習 [音楽]

夜、森下にて。
歌のお姉さん(池田先生)の言動が素敵だった。
歌の人には拍を取る機能が付いてないとか、
バーンスタインの指揮の話とか。

なんと本番は一週間後らしいぞ。

http://lesquare.oops.jp/

ルスコアール管弦楽団第33回演奏会

日 時: 2012年12月24日 (月・祝) 14:00開演
場 所: 杉並公会堂 大ホール
曲 目:
 ドビュッシー/交響詩「海」
 マーラー/交響曲「大地の歌」
ソリスト
 メゾ・ソプラノ: 池田 香織
 テノール: 経種 廉彦
指 揮: 大井 剛史


クリスマスイブなのに、なんとも微妙な選曲。

海は20世紀初頭のジャポネズムブームのフランスで作曲された曲で、
初版の楽譜の表紙は北斎の絵。
北斎の私生活は破天荒なんだけど、作曲した時期のドビュッシーの私生活も破天荒。
クリスマスには合わない曲だと思うんだ。

Wikipedia - 海_(ドビュッシー)

こっちはドイツ人が中国の詞を元に書いた曲。
晩年のマーラーは、9番を書くと死んじゃう、という噂に怯えて、
番号を付けなかったらしい。
知人に、この曲を聞くと自殺する人がいるかも、とか言ったとか。
マーラーはおじいちゃんになっても言うことや考え方が中二的。
やっぱりクリスマス向けじゃあない。

Wikipedia - 大地の歌

でもまあ、クリスマスイブに暇してたら聞きにいらっしゃいまし。
チケットは無料で差しあげます。
受付に置いとくこともできます。
歌のお姉さんは素敵でございます。

投票には行く、誰に入れるかは内緒、と言えば政治家は優しくしてくれる [選挙]

衆議院選挙、最高裁判所裁判官国民審査、都知事選のトリプル選挙。

誰に入れるか、どの党に入れるかは悩ましい。
でも今はネットである程度の情報は調べられて、
自分の考えを投票に反映しやすくなった。
たとえば以下のようなサイトで、各党のポリシーがわかる。

迷える有権者.com
http://charitv.me/btt311.com/upmayoeru/p9.html

ただ、支持する政党や政治家がいて、熱烈に応援したい、と思う人以外、
いわゆる無党派層は、投票する相手が決まったとしても、言わないほうが、
良いと思うんだ。
投票には行きます、誰に入れるかは内緒です、と言っておくと、
どの政治家も優しくしてくれるのよね。

あと、最高裁判所裁判官国民審査は、とりあえず全部バツ、で良いと思う。
そもそもこの仕組みでやってる限り絶対に罷免されないと思うよ。
×以外は全部信任って何だよ、って思う。
罷免される緊張感がなく形式的にやってるだけ、
ってのはなんだか馬鹿馬鹿しい。
意味のない審査はするべきじゃなくて、法改正すべきなんだけど、
×が増えれば見直しのきっかけにもなるかな、と。
見直しまでいかなくても、全部×、ってする人が増えれば
司法の緊張感は増すと思うんだわ。

Wikipedia - 最高裁判所裁判官国民審査

Referrer (Inside): [2014-02-10-1]

2012-12-15 Sat

生活環境を Ubuntu 12.04 から 12.10 にアップデート [Ubuntu]

/etc/update-manager/release-upgrades を修正。

Prompt=lts

Prompt=normal


do-release-upgrade を実行。

途中で、KVMのバージョンを上げる?そのままにする?、
と聞かれたので、エイヤで上げた。
それと、古いパッケージを消す?、と聞かれたので、
パッケージを確認したところ、古い kernel 類だったので削除。

時間は1時間半ほどかかったけど特に問題なく完了。

あとは、

Ubuntuの日本語環境
http://www.ubuntulinux.jp/japanese

ここを参考に以下を実行。
unzipを日本語対応版にしとく。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/quantal.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade


その後数時間使ってるけど、特に問題なし。
問題がなさすぎて拍子抜け。
操作感もまったく変わらず。

アップグレード時に、無効にされたソフトウェアソースが
いくつかあるので、そのへんを有効にする必要はありそう。

2012-12-14 Fri

JANOG31 スタッフミーティング [JANOG]

たくさんのおやつを食べながらプログラムの進捗確認。
正月をのんびりすごせるように頑張ろう頑張ろう。

アプリセッションの相談 [JANOG]

お茶をしながら、ちょっと前進。

IPv6セッションの相談 [JANOG]

午後、ミッドタウンにて。
発表意図を理解するのに時間がかかってしまった。
たしかに会場での議論が必要なネタだなあ、と思った。

2012-12-13 Thu

高速pingの相談 [JANOG]

夕方、初台にて。
面白いよ。
時間が短いのがちょっと残念。

アプリセッションの相談 [JANOG]

午後、六本木にて。
ちょっと前進。

事後のスタッフだけのミーティングで、
アプリの運営体制についてのレクチャーを
ちゃんとしたほうが良いのかな、と思った。

munin でグラフが生成されない [munin]

http://www.ftnk.jp/~fumi/cl/2010-08-13-1.html

原因: munin-node が返す host 名と munin.conf で指定した host 名が一致しなかったため
対策: munin-node.conf で host_name を指定


ハマったことがあった気もするのでメモ。

アーキテクチャ変遷の本質 - MPLS Japan SDN Panel Session [インターネット]

http://cellistmiya.typepad.jp/blog/2012/10/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E5%A4%89%E9%81%B7%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA-mpls-japan-sdn-panel-session-1.html
http://cellistmiya.typepad.jp/blog/2012/10/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E5%A4%89%E9%81%B7%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA-mpls-japan-sdn-panel-session-2.html

河野さんのブログ。
豪華なパネルセッションだったんだなあ。
歴史的事情を知るのはやっぱり大事だと思った。

- まず、プレーヤーが変わったということ。現在の主役は、データセンター技術者である。
...
- プレーヤーが違えば常識も違う。
...


たしかに今のSDNの実装、たとえばOpenFlowなんかは、
データセンターのための技術だと考えるとしっくりくる。

ただ、データセンター技術者が今の主役か、というと、
そうでもない気もする。
アプリケーション技術者のほうが数は多いと思うし、
新しい技術はもっと沢山出てると思うし。


それにしても昔のインターネットは素朴だったよね。
アプリはメールぐらいだったし、ネットワークを繋ぐのは
ルータぐらいしかなかったし。
全部のレイヤを一人で見れたのは便利なこともあった。
それが今は技術が細分化しちゃって、自分が見ているところ以外は
ブラックボックスになっちゃてっててどうも気持ちが悪い。
なんとかならんかなあ、って思う人もいるんだろうなあ。


SDNの盛り上がりを見てると、
データセンターで便利に使えそう、という現実を見てる人と、
昔みたいに全部のレイヤをオペレーション可能になる?、
という夢を見てる人の、2パターンがある気がする。

クラウドで盛り上がったときもそうだったけど、
夢派の人と現実派の人って、段々険悪になっちゃうんだよねえ。
そうならないと良いな、と思っている今日この頃。

最良のインターフェイスとはインターフェイスを持たないことだ [コンピュータ]

http://d.hatena.ne.jp/takoratta/20120902/1346553688

禅問答みたいだけど、やりたいことをシンプルに実行できるようにする、
という考え方は、事務手続きを考えたり、運用フローを決めたり、
そんな場面でも応用が効く。
たとえ裏側では面倒臭いことをしていたとしても、ユーザからは
シンプルに見えたほうがユーザにはやさしいよね。

2012-12-12 Wed

取引先の偉い人とランチ [仕事]

ご挨拶&ランチ。
雑談もいっぱいしたけど仕事の話も一応した。

2012-12-11 Tue

防災訓練 [仕事]

階段で移動するとエレベータのありがたみが良くわかる。
ビルの他のフロアの人も一箇所に集まるので、
いろいろな人間模様が見れるのかな、とワクワクしてたけど、
面白そうなことはなかった。

2012-12-07 Fri

トップダウンとボトムアップはどちらが優れているか [コラム]

http://hisho-tk.com/archives/67

吉野屋はトップダウン。
リッツカールトンはボトムアップ。

職場で、なんでがつんと決めてくれないですか!!、と怒られた。
個人的にはボトムアップが好きなのよ、
ホテルサービスに近い高級MSPをやりたいの、
てなことを言ってみた。
言い訳のタネはたくさんあるにこしたことはない。

SDN時代の開発よもやま話 - OpenFlowとTrema [OpenFlow]

OpenFlow の具体的な動作が良くわかる。
コードには説得力がある。

SDN時代の開発よもやま話 - OpenFlowとTrema from Yasuhito Takamiya

JANOG31 英語版プログラム公開 [JANOG]

http://www.janog.gr.jp/en/index.php?JANOG

i18nチーム、毎回偉いよなあ。
ただ、wikiの名前空間には、スペースは使わないほうが無難だと思う。
Wikipedia(mediawiki)のように、URLはアンダースコアに置換しちゃう、
というようなプラグインはpukiwikiにはないのかしら?

DC/所在地一覧 [インターネット]

http://wiki.tomocha.net/network_ISP_DCAddress.html

こういうのがネット上にあるのは大変にありがたい。

データセンターの場所を隠してるところは多いけど、
所在地は登記されてるし調べようと思ったら調べられるので、
攻撃側から見ると、隠すのってのは無駄なのよね。

でも、隠したい、って思ってる情報をインターネットにさらすのは、
スカートって階段の下からだとパンツ見える見える、
あー、いちごだー、って大声で言ってるのに近いかなあ。
パンツは本気の人にだけ見せたいものですぞ。

作成者は↓の人
女の子一人暮らしの自宅ラック公開 --> [2012-05-28-12]

2012-12-05 Wed

JPIX ユーザ会 [インターネット]

セルリアンタワーに行ってきた。
金子さんがモヒカンで登場すると聞いてたのにフツーだった。
がっかりした。

いろんな人とあれやこれやお話。
面白かった。

2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2020-06-10 21:15