前の日 / 次の日 / 最新 / 2014-01

/home/pochi/ChangeLog / 2014-01-12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2014-01-12 Sun

メディアの危機ー来るべき再編に向けて (1) 序 [コラム]

http://www.ebook2forum.com/2014/01/media-crisis-1-introduction/

既存の大組織は、かつて巨大な成功をもたらした旧いプロセスと
一体化しているために、サービスには目を向けず、
プロセスも組織も変えられず、リストラで意欲と体力を落としている。


「テクノロジーは善いものでも悪いものでもないが中立でもない。」


われわれにできることは、それを(完全な味方にはできないとしても)
最悪の敵としないことくらいだ。


いまは、文化的な断絶を最小限に止め、創造性を最大にする
現実的な移行戦略をデザインする時である。


ずっと出版不況が続いてる。
私自身も紙の本をまったく買わなくなったけど、Kindle 本は、
ほいほい買ってしまってる。
そういう人は多いんだろうな。

装丁とか写植とかの職人芸はアートの世界なんだけど、
その文化が失なわれるのは怖い気がする。
紙の本が持つ文化ってのは確かにあるからなあ。

スポーツと観客動員のお話。観客は何に反応するのか。 [ネタ]

http://pal-9999.hatenablog.com/entry/2014/01/08/061713

リグレー(カブスの本拠地の球場)の観客数は、カブスの勝率より
――――ずっとずっと――――ビールの値段に敏感なのだ。


観客数は試合に勝ったとか負けたとかの4倍以上もビール価格に反応している。


こいつは、阪神の1952~2004までのビールの価格と動員の散布図です。
相関係数は-0.71。負の相関性がでました。


カブスと阪神の共通点は、ビールの値段と観客動員に強めの相関性が認められるってトコです。


浦和レッズの観客動員と勝率、浦和レッズの観客動員とビールの値段で散布図作ってみましょう。
...
ビールの値段との相関性が-0.76とか、これもう最高。


スタジアムはビールを飲みに行く場所だったのか。

【徘徊老人ホイホイ】老人ホーム前に偽バス停を設置→徘徊老人が爆釣れ 行方不明防止に有効 [ネタ]

http://himasoku.com/archives/51822221.html

これは良いアイディアだな。

興奮状態で話を聞いてもらえない人を相手にするときに、
とにかくまず落ち付いてもらう、というのは大事だよな。

ちなみに私はおやつを食べれば落ち着きます。
職場におやつ置場は必須だと思うんだ。

DB設計の難しさ [コンピュータ]

http://nippondanji.blogspot.jp/2013/12/db.html

純粋なリレーショナルモデルが適用できる範囲はたぶん多くの人が思ってるより狭い。
リレーショナルモデルには、厳密に言えば「集合」として表現できるデータしか適用できない。


ただし、集合として表現できる(あるいは表現すべき)範疇のデータなら
リレーショナルモデルは鉄壁だ。


リレーショナルモデルに限界があるのと同じで、他のデータモデルで
リレーショナルモデルを置き換えることはできないということだ


うまく設計されたDBがあると、データの扱いが楽になるんだけど、
具体的にうまくモデリングしてくれる人にはあんまりいない気はする。
モデリングが一番好き、っていうデータベース屋もいることはいるけど、
たしかに良く考えると難しい問題なんだろうなあ。

2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2020-06-10 21:15